ダイニングテーブル 北欧 テーブル 天然木 脚 4人掛けテーブル 幅125cm 高さ70 おしゃれ 2021高い素材 奥行75 セール特価品

ダイニングテーブル 北欧 テーブル 天然木 脚 幅125cm 奥行75 高さ70 4人掛けテーブル おしゃれ

ダイニングテーブル 北欧 テーブル 天然木 脚 4人掛けテーブル 幅125cm 高さ70 おしゃれ 奥行75 ◆セール特価品◆ ダイニングテーブル 北欧 テーブル 天然木 脚 4人掛けテーブル 幅125cm 高さ70 おしゃれ 奥行75 ◆セール特価品◆ 8242円 ダイニングテーブル 北欧 テーブル 天然木 脚 幅125cm 奥行75 高さ70 4人掛けテーブル おしゃれ 家具、インテリア テーブル ダイニングテーブル 家具、インテリア , テーブル , ダイニングテーブル,天然木,脚,高さ70,奥行75,北欧,テーブル,4人掛けテーブル,ダイニングテーブル,/domesticality88447.html,8242円,幅125cm,www.laurenrooney.com,おしゃれ 家具、インテリア , テーブル , ダイニングテーブル,天然木,脚,高さ70,奥行75,北欧,テーブル,4人掛けテーブル,ダイニングテーブル,/domesticality88447.html,8242円,幅125cm,www.laurenrooney.com,おしゃれ 8242円 ダイニングテーブル 北欧 テーブル 天然木 脚 幅125cm 奥行75 高さ70 4人掛けテーブル おしゃれ 家具、インテリア テーブル ダイニングテーブル

8242円

ダイニングテーブル 北欧 テーブル 天然木 脚 幅125cm 奥行75 高さ70 4人掛けテーブル おしゃれ

商品番号:TBL500347

商品仕様
■材質
天板:合成樹脂化粧繊維板(塩化ビニル樹脂)
脚部:天然木ラバーウッド(NCラッカー塗装)
■耐荷重:約80kg
■カラー:ナチュラル、ウォールナット

■商品サイズ(約mm)
■商品外寸:幅1250×奥行750×高さ700
■商品重量:約18.5kg
※組立方により、商品サイズに多少の誤差が発生する場合がございます。

関連キーワード
ダイニングテーブル 食卓テーブル カフェテーブル テーブル 机 座卓 単品 長方形 天然木 脚 木製 木 木目 食卓 カフェ 食堂 4人 4人用 4人掛け サイズ 高さ70cm シンプル 北欧 風 モダン 安い 一人暮らし おしゃれ オシャレ リビング ダイニング キッチン インテリア ブラウン ウォールナット ナチュラル
















ダイニングテーブル 北欧 テーブル 天然木 脚 幅125cm 奥行75 高さ70 4人掛けテーブル おしゃれ

今回、ダイニングテーブルとしてでなく、IT作業用デスクとしての購入でした。 日中留守の為、週末まで配送を延長しての受け取りでした。商品の組み立ては、 予想した以上に簡単で分かりやすく、すぐ出来ました。大きさも満足です。 安定感も良く、良い買い物が出来ました。ありがとうございました。#13;
家具は到着まで時間がかかると覚悟してたのに早くてビックリ。開封して先ず感じたのが写真で見るよりも重厚感あるなーでした。想像よりズッシリでしたが女一人でも付属の工具だけで組み立てられました。テーブルに手を着いて立つ者が居るので耐荷重もチェックしつつ、椅子に高さが合って、部屋の広さに合ってとなると、選択肢がどんどん絞られて辿り着きました。街の家具店も見て回ったのですが、候補の中で格安。不安もありましたが対応も丁寧で良い買い物が出来たと思います。#13;
テーブルの脚にそれぞれ2本のネジを付属の六角レンチで締めるだけで、組み立てられかつしっかりと安定感があります。設計・製造の品質が優れていると感じました。感激したので、皆さんのご参考にコメントすることにしました。#13;
届いた時は、重くてびっくりしました。 組み立ては、付属の工具のみで、簡単にできました。 (女1人20分程度) 表面も強く、猫が乗ってきて滑ってますが、傷はつきにくそうです。#13;
夏の花
06 /18 2022
お久しぶりです。

今の家に越してきて、早5年が経つことに今ごろ気づきました。

もうそんなに経ったのかぁ…というのが正直な感想。
おかげさまで毎日それなりにやってますが、庭はまだまだ未完成。
やること多すぎでブログもろくに更新できず…

いえ、正確にはブログ用の写真を撮るところまではいくのですが、
その後の記事を書くのに時間をかけている間に日々は過ぎ、
写真が季節外れのものになってしまって更新自体をあきらめる…


ということの繰り返しの5年でした。



ろくでもないな!



そんなの5年も繰り返さないで過去のわたし!

というわけで今後は時節にはずれてようが何だろうが撮った写真は必ずあげるように頑張ります。

(とってすぐ記事を書けばいいじゃん、というのはナシの方向で…)


というわけでさっそく5月の写真をアプします。いまごろ。

おうちのハニーサックルです。

お手製ウッドデッキのアラを隠してくれるニクいやつ。
クマバチの団体さまのドリンクバーでもある。
おとなしいハチなら手を出さなければ大丈夫ということで、
息子に虫との付き合いを教えるのにも一役買ってます。



そして今年のGWはモルタルねって過ごしました。

コメリで売ってるワーク枠という型で散歩用の小道を作ってます。

作る前。

草ぼうぼうの雨降ったらドロドロで、ちょっと歩く気になれなかったエリアでした…。

しっかりした足場があるだけで、手入れがうんと楽です。

(草ぼうぼうにならないとは言ってない)



そして5月のお買い物日記。

スフレという斑入りのアジサイを買いました。
白くて爽やかな葉っぱのアジサイです。
最初見たときは病気かと

これがワサワサ茂ってくれるなら、半日蔭エリアがどれだけ明るくなることか。
どんどん大きくしたいアジサイです。


それからウエディング・ドレスという白いガクアジサイも仲間入り。

処分品で500円…この誘惑に、勝てなかった…。


それからフロックス(一年草タイプ)のクレーム・ブリュレ。

すごく好きな色みです。
買ったの5月ですがまだまだ咲いています。さすが一年草。


5月と言えばシャクヤクがキレイでした。

乙女シャクヤク。


実家から持ってきたシャクヤクですが、ここにしっかり根付きました。

他のシャクヤクはあんまり…何がいけないだろ。



前の家主から受け継いだジャーマンアイリス。

すごく…好きです。品種名がわからないのが残念。


バラはスノーペイブメント。

今年もきっちり咲いてくれました。



さて、こうしている間にも6月に撮った写真がたまっているわけですが…
近いうちに更新できるといいな。

(するとは言ってない)



スポンサーサイト



春の花
03 /18 2022
春爛漫とはいいがたい最高気温6℃の庭からこんにちは。

とうとう我が家にもコロナの波が押し寄せてきてしまい、家族が濃厚接触者になったりしてた2022年の春。(何事もなく解除)

またもや更新が空きましたが、元気でやってます。

その間 お役所の申請書類の日付欄に堂々と令和3年と書いて恥ずかしい思いをしたりもしました(※当時すでに2月下旬)が、

そんなものは平常運転なので平気です。平気…。


前回の記事でハニーサックルの大改造をすると書きました。
というか正確にはウッドデッキの改造です。

これがハニーサックル。
ナチュラ インボックス 専用蓋 ML ( フタ ふた 蓋 収納 プラスチック プレート トレー トレイ シンプル おしゃれ 日本製 )
春の姿。

植えて数年、自作のウッドデッキに絡みまくってます。

それはいいのですが…。

ウッドデッキの屋根、中空ポリカを採用したのはいいんですが、中空なので中に埃が入り込んで汚いんですよね…。

↑設置数年でこんな感じ。


それだけならまだしも、継ぎ目のコーキングが甘かったみたいでそこから雨漏りして下地の木(悪いことに未塗装)がカビたりしてて、どうにもなんとかしたいとずっと思ってました。


というわけで屋根を撤去しました。

はい、青空が見えます。

そしてポリカ屋根の下で茂りまくって物干し竿まで乗っ取っていたハニーサックル、上から見ると…



みっちみち!

すごい生命力を感じますね…
軽く温室状態だったのでしょう。冬のわりに葉っぱ残ってるし。

とりあえず屋根は取りました。

今後また屋根をつけるかどうかは決めてませんが、次に付けるとしたら王道の波板屋根にすることでしょう。

王道には訳があるということを実感しました。
(そして塗装の重要性も…)

そんなことしてるうちにクロッカスが咲いていました。

これはブルーパールという種類です。

ウメは満開。

傍を通るだけで香りを感じるくらいの咲きっぷりです。

ピンクの梅は咲き始め。

品種は不明ですが、多分、豊後梅じゃないかと思ってます。
ウメとアンズの交配種。

こっちはプラムの今の姿。

1週間後には満開になってるはずですが、まったくその気配がなくて心配になります。

そういえばボックスウッドを衝動買いしました。

ツゲの仲間だけど冬には黄葉するそうで。でもちゃんと常緑樹。
冬の庭のにぎやかしにはぴったりじゃないですか。

…あれ?常緑だけど黄葉?

常にみどりと書いて常緑…英語ではevergreen…

でも黄色い…

でも落葉しないから常緑樹…。

何と奥深い植物の世界。
ちなみにこの葉色は春になれば緑になるそうです。




冬の花
01 /01 2022
明けましておめでとうございます。
更新が絶滅寸前のブログですが本年もよろしくお願いいたします。

皆様方はどんな年越しを迎えられたでしょうか。


お正月というのは襟(えり)を正して厳かにお迎えしたいものですね。

私も今年は文字通り襟を正しながら迎えました…洗濯物の、襟を。
オットと二人、洗濯機を囲みながら。



なぜこうなったのでしょう。

今年は『元旦に洗濯しない』というゲンかつぎをしようと思ったのです。

なおかつ、『年越し直前に年越しそばを食べる』というのもやってみたかったのです。
今年はツイッターでバズってた『ほうじ茶蕎麦』にチャレンジです。

さらに、『正月でめでたいんだからケーキでも焼いちゃえ』とかやりだしたんです。
(※生クリームが余ってた)

はい、事故が起きやすいのはこういう時ですね。
不慣れなことを同時に、3つも。

オーブンと電気湯沸かしポットとその他家電を同時に使った結果、見事に落ちました。
ブレーカーが。

幸いお湯は沸かし直せばいいし、オーブンも予熱中だから大丈夫。

さて、大丈夫でないのはなんでしょう…?

無事に蕎麦を食べてケーキも焼き終わり、
紅白終わってゆく年くる年……
私は、はじめて気づきました。

うちの洗濯機は、キッチンと電気系統を共有しているらしいということに

つまりブレーカーが落ちた瞬間、この洗濯機は仕事するのをやめた。
脱水の途中で力尽きた。

元旦まであと10分。
さっきも言った通り元旦に洗濯はしないと今年は決めた。
脱水は今から。

さあ間に合うか!?

…間に合いませんでした……。

年越しの瞬間は洗濯中でした。

2022年、おめでとうございます。

ちなみになんで元旦に洗濯しちゃいけないかというと、
一説には服を流す(=福を流す)だからだそうです。

はいはい迷信迷信。

たまにはゲンを担いでみたかったんですよ。
とはいえこんな風にバタバタするなら、
いつも通り元旦の朝から遠慮なく洗濯機回すべきだったなあ…。

というか機会があったら電気屋さんに相談してみようと思います。
だってうち毎朝トースターと洗濯機と湯わかしポット同時使用してるんです。

これから毎朝ブレーカーが上がらないかとヒヤヒヤすることでしょう。
なんて正月だ!
(でも楽しくやってます)

お外は冬です。厳寒です。

夏の間活躍してくれたモナルダは冬になってもいい感じ…。
葉っぱがシモヤケみたいに赤く染まってます。

花ガラも丸くってコロコロしてて可愛い。


枯れたグラスの下で咲いてるビオラ。

今年は寒そうなので、グラスの葉っぱはそのままで。

ソヨゴに実がなりました。

うちはメスの木一本しかないのですが、花粉はどこから来るのでしょう。
『イチョウの花粉は中国大陸からでも飛んでくる(だから銀杏が欲しいならメスの木だけ植えればいい)』というジョークをどこかで聞いたんですが、ソヨゴもそんなものなんでしょうか。

今年植えたばかりのリベルティア ゴールドストライプ

冬枯れの庭でかなりの存在感です。
枯葉のような色ですが、枯葉よりずっと輝いている…。

まだ花が残ってるハニーサックル。

ここは近いうちに大改造(おおげさ)をする予定です。
この花ももちろん当事者です。

さてさて、では本年もよろしくお願いいたします。